人間性をもった子どもを育成する金沢保育園

感染症について

感染症とその後の登園のめやす

感染症下記の感染症にかかったお子さんの登園について保育園は、集団生活を長時間共にする場です。感染症と診断されたときは、他の子どもにうつりますのでお休みいただきます。下記の感染症については、登園のめやすを参考に、かかりつけ医師の診断を受け、登園の際には園に備え付けの 「登園届け」に記入し提出してください。

病名 主要症状 登園のめやす
麻疹(はしか) 発熱、咳、くしゃみ、耳の周りから全身に発疹、口中に粘膜疹 主要症状が消えてから3日を経過してから
インフルエンザ 発熱、くしゃみ、頭痛、咳、咽頭のはれ、関節痛 解熱後、3日を経過してから
風疹(3日はしか) 発熱、ピンク色の発疹、全身にリンパ節の腫れや痛みを訴える 発疹が全て消失してから
水痘(みずほうそう) 発熱、紅斑、丘疹、水疱、膿疱、かさぶたの順で全身に発疹ができる。かゆみが激しい すべての発疹が痂皮(かさぶた)化してから
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 熱・耳下腺が腫れる 耳下腺の腫れ消失してから
結核 咳、痰、発熱。乳幼児は重症結核になる可能性が高い 医師の診断により感染のおそれがなくなったと認められてから
咽頭結膜熱
(プ一ル熱)
プールを介して流行が多い。高熱、咽頭熱、頭痛、結膜炎 主要症状が消退した後2日を経過してから
流行性角結膜炎
(はやり目)
流涙、結膜充血、目やに 感染力が非常に強いため結膜炎の症状が消失してから
百日咳 激しい咳が長く続く、夜間に多い咳込みで発作も熱も伴わない 特有の咳が消失し、全身症状が良好であること
腸管出血性大腸菌感染症
(O157)
激しい腹痛、頻回の水様便、さらに血便。発熱は軽度 感染力が非常に強いので、本人だけでなく家族が発症した場合も出席停止の対象となる。症状が治まり、かつ、抗菌薬による治療が終了したうえで、医師の診断後
溶連菌感染症
(猩紅熱)
発熱、咽頭痛、咽頭炎、扁桃炎。舌が苺状、全身に鮮紅色の発疹 抗菌薬服用後24時間経過し、主要症状が消えていること
マイコプラズマ肺炎 発熱、頭痛、咳が次第に激しくなる 抗菌薬治療後,症状が治まり,全身状態が良いこと
手足口病 軽い発熱、口腔と咽顕粘膜に水疱、手足末端とお尻に水疱 発熱や口腔内の水疱、潰瘍の影響がなく、普段の食事がとれること
伝染性紅斑
(りんご病)
両頬にもり上がった紅斑ができ、やや熱感がある、四肢伸側にレース状網目模様の発疹 全身状態が良いこと
ウイルス性胃腸炎
(ノロ、ロタ、アデノウィルス等)
下痢、嘔吐、腹痛などの症状,発熱、咽頭痛の症状もある 嘔吐、下痢等の症状が24時間なく、普段の食事がとれること
へルバンギ一ナ 高熱や口腔内に水疱、潰瘍、のどの痛み 発熱や口腔内の水泡、潰瘍の影響がなく、食事がとれること
RSウィルス感染症 発熱、鼻汁、咳、喘鳴、呼吸困難 呼吸器症状が消失し全身状態が良いこと
帯状疱しん(ヘルペス) 小水疱が背中から胸まで並んで現れる すべての発疹が痂皮(かさぶた)化してから
突発性発しん 38℃以上の高熱が3~4日続いた後、体幹部に鮮紅色の発疹が出現する 解熱後、1日以上経過し全身状態が良いこと

※その他、水いぼ(伝染性軟属腫)、伝染性膿痂疹(とびひ)、アタマジラミは出席停止の必要はないものとするが、主要症状が消えるまで予防と治療を要する。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.